ブログトップ

そのエメラルドを噛み砕け

umbrella.exblog.jp

2017.06.13.(Tue)

社内が暑い。私だけが半袖を着ているのだけれど、私だけが汗だくで仕事をしている。上司たちが長袖で涼しい顔をしているのを見ては、ギリッ…と奥歯を噛み締めて過ごす毎日である。

なんの自慢にはならないが、私は汗をよくかく。見た目にもよろしくないし、どうにか汗を抑えたくて、Google検索をしてみたところ、「運動不足のひとは汗をかきやすい」というページを発見した。運動をしないでいると、汗が正常に放出されずに体内に溜まり続けるため、ちょっときっかけですぐ汗を流すのだ、と。
これを見た私は、早速 汗っかきを改善すべく、行動に移した。
そう、私が春にスポーツジムに通っていたのは、筋肉をつけたいという理由の他に、汗をかきにくい身体にするためという理由もあったのだ。思い描く理想の自分は、夏の海で、太陽の下 汗ひとつかかず、水着姿でシックスパックの腹筋を披露していた。今年の海は、新しくなった自分を披露するステージとなるはずだった。

結果、私の汗っかきは以前にも増してひどくなった。
明らかに新陳代謝がよくなり、ちょっとしたきっかけどころか、ふとした瞬間に汗を流すようになった。腹筋?一つになら割れてるんですけどね。

わかったことは、汗というのは、努力でなんとかできるものではないということである。それを皆が理解し、私が見積もりをだしている最中に汗だくになっていたとしても、おもむろに扇子で扇ぎだしたとしても、優しく見守ることが平和な社会に繋がるのではないか。ファブリーズなら、私が退社したあとにすればよい。
汗は自分の意思ではどうにもできない。私にできることは、ただ 秋を待つことだけなのだから。





[PR]
by r_unsung | 2017-06-14 00:41 | DAY
<< 2017.06.14.(Wed) 2017.06.12.(Mon) >>